女性医師

理学療法士の専門学校に通って学ぶ│医療分野のプロになる

高校生の卒業後の進路

男女

医療系の大学に進学する場合には、一人一人が希望する職種に合わせて学部や学科を選ぶべきです。オープンキャンパスで情報収集をしたり、入試に向けて早めに受験対策を始めることで、希望通りの大学に進学できるでしょう。

もっと読む

リハビリの専門家になる

マッサージ

幅広い分野で活躍

近年、注目を集めている職種にリハビリテーション専門職というものがあります。リハビリテーション専門職とは、傷病や高齢などを理由として身体機能に故障を生じた人に対し、必要な訓練や指導などを行うことによって社会復帰への手伝いをする仕事です。医療・福祉・介護の3つの分野にまたがる非常に有用性の高い職種です。リハビリテーション専門職にはいくつかの種類がありますが、その1つに理学療法士があります。理学療法士は、医師の指示に基づいて患者等に理学療法と呼ばれるリハビリテーションを施し、手足などの機能回復を目指す仕事です。注意が必要なのは、理学療法そのものは誰でも行えることです。ただし理学療法士は厚生労働省認定の国家資格であり、その資格を持つ者は高い社会的信用を得ています。

進路は多種多様

理学療法士の資格は、国が指定する養成施設で必要な知識や技能を学んだ後、国家試験に合格することで得られます。養成施設は2016年現在で全国に約240校を数えます。内訳は大学・短大・専門学校・特別支援学校で、大学と専門学校が多数を占めます。専門学校には3年制専門学校と4年制専門学校の2種類があります。理学療法士の主な就職先は、病院・障碍者福祉施設・老人福祉施設・リハビリセンターなどです。立つ・座る・歩く・寝返りをうつなどの日常動作に関する訓練を専門に手がけ、社会復帰への第一歩を踏み出すための支援を行います。また、最近はその専門能力への需要の高さから、スポーツリハビリの分野で活躍する人も増えています。フィットネスクラブやプロスポーツチームなど、視野を広げてみれば多彩な進路が見えてきます。

看護婦になるには

看護師

看護学校は看護師になるための学校です。高校卒業程度の学力が必要ですが、社会人でも受験することが出来ます。看護学校にも様々で、合格できる学力も違います。自分のレベルを知るためにも1度は模試を受けておくことをおススメします。

もっと読む

増える試験方法

ナース

看護学校の試験においては近年、人間力をみることができる面接試験を課すところが増えてきています。方法は色々ですが、1つのテーマについてたくさんの人で話し合うグループ討議が人気です。学校ではなかなか対策ができないので専門に対策してくれる塾もあります。

もっと読む